中古カメラ店へフィルムカメラを売却

フィルムカメラの買取といっても、いろんな方法があります。

たとえば、「知人へ売る」という方法もありますよねぇ!
これが成立して高く売れるならよっぽどマシなんだけど、世の中そんなに甘くなく、知人へ売ったことで逆に安くなっちゃうケースがあるから怖いんです。

 

そこで注目なのが「中古カメラ店へ売る」方法であります。

今回、ご紹介するのは「中古カメラ店へ売る」方法です。

中古カメラ店へ売るメリット

◎今すぐに現金化することができる

◎売ったあとにトラブルになる心配なし

やはりすぐに現金化できるというは最大のメリットです。
しかも、安心してお金にすることができます。

知人や個人売買などを使って売ることもできますが、
売ったあとにフィルムカメラの不具合や傷などを理由に文句といってくる人もいます。

こういった売買に関するトラブルを避けたいなら
業者へ売るのが一番です。確かに金額的には個人売買のほうが高くなる可能性あります。

 

しかし、売却金額が倍とかになるわけではありません。

売るための手間を考えると決して得策とは言えないかもしれないのです。

フィルムカメラを中古店へ売る3つの方法

1.お店へ持って行き売る方法

この方法が一番オススメの方法です。
直接その場で現物査定してもらい売るため
金額に不満ならパスすればいいです。

ただ、近所の店しか対象となりません。

2.宅配使って売る方法

最近の主流はこの方法です。
宅配便でフィルムカメラを送って査定してもらい
金額を振り込みしてもらう買取方法です。

デメリットは送ってみないと査定金額が不明確なのと
お金を手にするまでにタイムラグがあることです。

3.出張してもらい売る方法

自宅まで業者の方に出張してもらって査定・買取してもらう方法です。

一番手間のかからない売り方です。
フィルムカメラが10台以上あるならこの方法がオススメです。

デメリットは近くの業者しか出張買取に応じてくれないことです。

フィルムカメラを売るときに必要なモノは!?

中古品を売るということで、古物の扱いになるため
その手の法律に則って取引されることになります。

売主は身分証明書が必要になります。
免許証、パスポートなどあればOKです。

未成年の場合は保護者の承諾が必要になります。

 

身分を伏せて売ることはNG

お店へ持ち込み、宅配、出張の3つの方法のどれを利用しても
身分を伏せて売ることはできません。

宅配に関しても身分証明書が必要ですし、
本人の住所確認されないと振込みが行われない仕組みになっています。

だからやたら怪しいところへ売るのは避ける必要があります。
とくにフィルムカメラの買取価格って結構微妙だったりします。

そんなに相場自体が高くないのですがお店によっては0円と査定されたフィルムカメラが他の店では数千円~数万円で取引されることもある。
その秘訣を網羅してるのがフィルムカメラ高く売る術です。
とにかくフィルムカメラを高く売れなきゃ困るってひとは一見の価値あります。

 

こういって手続きがされるのは、
古物の法律によるものなのですが、盗品等の扱いを防止することも目的とされています。

realfiumをフォローする
リアルにフィルムカメラ買取に挑んだ