医療レーザー脱毛について

watch

脱毛では医療レーザー治療とフラッシュ治療があり、特に医師による脱毛は医療レーザー脱毛、エステサロンで行う脱毛はフラッシュ脱毛が使われます。 医療レーザー治療に使われる医療用レーザー脱毛機器と、エステ脱毛に使われるフラッシュ脱毛機器とでは、レーザーとフラッシュという違いがあるもののメカニズムは同じようなものです。 皮膚の中の毛根の黒い色に対してだけ照射して、ダメージを与えるという方法です。

今まで1本1本の毛に針を巻き付け電気で焼いていた、ニードル脱毛より時間も料金もグーンと低く抑えられるこれらの脱毛は、日本の全身脱毛を急速に広げていきました。 しかし医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛には違いがあります。 まず永久脱毛がフラッシュ治療ではできないこと。 永久脱毛という言い方を法律的に許されているのは、医師の治療する医療レーザー脱毛のみなのです。

もちろん永久脱毛といっても、まったく永久に生えないというものではなく、今までの1~2割程度になれば永久脱毛と言えるのです。 そして脱毛施術の終了までの回数も、医療レーザー脱毛であればフラッシュ脱毛より少なくて済みます。 医療レーザー脱毛では平均5回~10回程度、フラッシュ脱毛の場合は8回~12回程度と言われています。 また医師の行う医療レーザー機器は出力も強く、確実に脱毛効果が高いと言えそうです。 そして医師が施術を行っているので、施術で起こりやすい皮膚へのダメージも少なく、何かあってもすぐに皮膚治療を行ってもらえるという安心感もあります。